2015年3月26日木曜日

『クラブコーディネーターの役割』 /スペインフットサルの旅2014講習会



簡単ヒストリー

10年、12年前はまだクラブが持つカテゴリーはバラバラであった。そこからクラブが幾つかのカテゴリーを持つようになり、クラブコーディネーターが必要とされる。
今では大体8から15チームを各クラブが持つ。(練習やチームのオーガナイズ、フィロソフィア、育成)

仕事

・まずは知ること。ひとつのクラブはひとつの会社。そして評価すること
・テクニカルスタッフの成長を促進
・練習の方法論や計画の共有
・目標に向けた分析。結果ではない

熟考

・プレシデンテにより仕事は変わる
・選手たちが全般に健康的であるように(家庭、学校、クラブ)
・ノルマ、約束→動機付け(罰はマイナス要素となる)
・一人がしっかりとクラブの方向性を握ること