2014年12月5日金曜日

試合で有効な本物のドリブルを練習しているか。ドリブルのコンセプトやその流れ



概要

攻撃の技術的アクション。ボールのポゼッションと共に相手を突破、上回ることから成る。
ドリブルは2つの明確なコンセプトを土台とする。
  • 身体の完全な支配
  • ボールの完全な支配

ところが相手の観察や相手の守備の弱いところを知ることで、ボールの完全な支配を持たずに相手を上回る能力を持つ選手がいる。

ドリブルにおける基本の流れ

  • シンプルなドリブルは騙しもしくは驚きを組み合わせる。
  • ドリブルは創造性と信頼とともに実現されなければならない。
  • その瞬間はドリブルするのに適しているか評価しなければならない。
  • そのコートの場所はドリブルするのに適しているか評価しなければならない。
  • シンプルなドリブルは相手の守備条件に左右されていくだろう。

ドリブルの最近の傾向

  • 現在、そしてチーム戦術の厳密さによって、必要性が減っている技術フォームである
  • 私たちの前に相手が存在せず仲間がいるのであれば、決してドリブルせずにパスをするとよく言われる。


しかし、特に相手陣の攻撃では必要不可欠のコンセプトである。