2015年3月27日金曜日

『戦術』 ~個人戦術、集団戦術、チーム戦術、試合戦術~



戦術


目標を達成させるために使用される方法の集合体である。結果を獲得するアクションを「どのように」「なぜ」実現するかに言及される。

戦略は、決められた目標や結果を獲得するために実現する自動的に計画されたアクションの集合体である。

「相手」や「協同」のあるスポーツで戦術が生まれる。
「戦術=考えること」戦術はプレーの問題や可能な解決策によって生まれる。
「技術は戦術アクションの基礎」選手たちは相手やプレー要素の作用に応じて選ぶ。


戦術行為


異なる技術や周囲の状況を基にして、スポーツアクションで最高のパフォーマンスを獲得することを可能とする過程。(選手はその自覚によって戦術要素を学び実行する。)

「感受とプレー状況の分析」
何を見る?私の仲間や相手…はどのような状況にある?

「実現するかアクションの決定」
一つの決まった状況を見て、私やチームのために有利となるか不利となるか。

「アクションの実用的な実行」
私たちの事前の感受や決定により置かれた疑いのある精神的表現や視覚化したものを実行に移すこと。


戦術のタイプ


個人戦術
集団戦術
チーム戦術
試合戦術


戦術を条件付ける要素


ルール
選手の技術的能力
相手
選手たちのフィジカルコンディション
選手たちのメンタル的状態
試合の自チームの状況(ゴール、怪我、審判…)
外的要素(ピッチ、観客…)


個人戦術


プレーのシステムを選手が知っているとしても、実際に実現することはできない。なぜなら個人戦術が欠けているため。選手は、より適した技術フォームを選び決めるためにプレーを読まなければならない。相手のアクションや周囲の環境に応じて。

個人戦術=選手の決定
個人戦術=戦術行為の継続的実行=分析、決定、実行

ある選手が相手と仲間の周囲で動的能力を実現するときに、戦術の環境で技術的アクションを実行している。Weinekによると、個人戦術の実行では選手は3つの条件に出会うだろう。相手、自身の能力、周囲

個人戦術もしくは適用技術はこのように定義する。”大きな効率や効果を獲得する目的によって動的能力を賢い方法によって利用する、ひとつの技術フォームの実行。”


集団戦術


Anton,JL(1998) は、最低2人の選手間で技術-戦術の特別な巧みさにより調整された適用として理解する。

調整された方法によって結びつきがある各選手の個人戦術の集まり。

”合理的で賢い方法によって実際のゲームの状況に効果的な解決策を与えることを試みる、2人もしくはそれ以上の選手と調整された技術フォームとアクションである。”


チームの戦術


Bauer ”ひとつのチームの全選手によって目的とともに調整された攻撃もしくは守備のアクション。

”攻撃でも守備でも、集団戦術と個人戦術のアクションの集合体。そして計画され調整された方法によって確かな目標を達成させるために選手たちが行う。”

戦術の手段、手順、義務、責任、集団ワーク

攻撃戦術のタイプ、守備戦術のタイプ、攻撃プレーのスタイル、守備プレーのスタイル、静止ボールのアクション


試合の戦術


情報と事前の分析、ライバルの特徴、ライバルの選手のタイプと自チームの選手のタイプ、ライバルのプレーシステム、ゴール、怪我、ライバルの計画

”チームが予測した目標を達成する目的で監督がアクティブもしくはリアクティブな方法の樹立や実行をする攻撃と守備の計画の集合体。”