2012年12月27日木曜日

世界一とは



世界一の夕日が現れる。そう言われていたイビサ島


スペインで住み始める前にこの動画を見て、一度行きたいと思った。
夏のバケーションシーズン、クラブで有名な町。今は冬。シーズンでは全然ないけど、海や夕日が見れたらいい。

全ての情報は現地調達


そうすることによって、道や店の人の質問しなくてはならなくなる。それが結局は様々な人と交流することになり、現地の人が知るおすすめの場所を知ることができる

この時期なので人は少なく、音楽が流れることもない。夕日の海岸沿いのバルは開いていない。

午前中は古い町並みと、すすめてもらったビーチへ





午後は夕日を見るために西の海岸へ。海岸沿いをひたすら歩く



色々な海岸に出逢いながら、どれだけでも歩いた。一人で沢山しゃべった。

夕日の時間となってきたので探索している間に決めた海岸へ戻り、ゆっくりと夕日を見ていた。夕日に染まる海や空がとてもきれいだった。

沢山のことを考えていた。

世界一とはなんだ


この夕日は世界一とうたわれているが、なぜこの夕日は世界一と呼ばれるのだ。日本の海でも素晴らしい夕日は見ることができる。

僕は少し前まで世界というものを遠く感じていた、何が世界なのかわからないままに。手の届かないものだと思っていた。「世界一」など口に出すことなどできなかった。

世界を感じることなく、僕はサッカーやフットサルをしていた。しかし、スペインの人達は自ずと感じる環境にあることがわかった。

世界は遠くないのに遠いと思ってしまっていては、世界と太刀打ちできない。しかし、世界とはなんだろう。

イビサの画像…