2012年12月29日土曜日

FCバルセロナ、各カテゴリーのフットサルの試合を見学。その質と熱に驚嘆



バルセロナU-16は祥慶のチームに負ける


U-16カテゴリーのリーグ戦、上位同士の試合であるバルセロナ対レスコルツ。レスコルツでは岡田祥慶選手がプレーしている、この下部組織は定評があるようだ。
お互いの激しいプレスでなかなかボールを保持させない展開が続いていた。レスコルツがこの試合に勝ち首位となった。

バルセロナU-14の試合


ボールのないところでの動きは、今まで見てきたこのカテゴリーのどのチームより流動的だった。

バルセロナU-12の試合観戦。レスコルツ対バルセロナ


翌日見に来たバルセロナの試合も、対戦相手はレスコルツだった。このカテゴリーでもボールのないところでの動きの調整がとれ始めている。

観客の声。応援や罵倒


今回見たどの試合も観客の数が半端なかった。座りきれない。各選手の家族が中心に集まっているのだろう。子供の試合を見ることを目的に、みんなで盛り上がる。
その中でプレーする選手たちは色々あると思うが、緊張感にも慣れていくだろうしフットサルがより好きになっていくだろう。