2016年6月8日水曜日

フィジカルが強いとは実際どういうことなのか?パフォーマンスを獲得するのはプランニング




フィジカル準備はボールなしで行うのが今まだ一般的


選手が試合に臨むためのフィジカル準備は、プレーしながらできる。多くの監督は、そのことを信じない。


フットボールでは様々な刺激との関係性が現れる


フィジカルが強いということは、何をもって言われることなのか。単純なフィジカル能力の表明でプレー状況におけるフィジカルを見つけることは難しい。何が世界的に最高のフィジカルなのか知らない。全員にとって同じではない。

練習では理論的に誤っていることをさせることができる、それでチームが目標を獲得することだって…


フットボールの分析


スプリント、走り、歩き…、筋力、速さ…、そういった点から考えて、出しても分析しきれない。パスやドリブル、ボールなしの動きなどフットボールアクションから、何をどう分析するか。


全てに全てから注意をすることがプランニング


どのように練習をするかといった理論ではない。負荷に対しての貢献と練習メニューをデザインする土台。プランニングは段階的に考えさせてくれる。他より重要なある要素を知らせてくれる。

プロフェソール、セイルローは感覚に近い視点を持つ。


チームのパフォーマンス。監督に観えるもの


コートの中だけではない。コートの外にも多くの要素がある。監督が観えるものは、監督の人間性にある。


併せて読むと理解が深まる

  1. フィジカルが強いとは実際どういうことなのか?パフォーマンスを獲得するのはプランニング
  2. 監督のプランニングがまた監督のもとに。なぜプランニングが必要なのか
  3. 各監督の一般的な毎年の視点「シーズン計画」そして勝負は「毎週のデザイン」
  4. 複雑性を扱わなければならない監督。“ダイナミック”かつ“システマティック”なプランニングが監督を手助けする
  5. プランの道中で遭遇する。変わり続けなければならない「目的」「評価」「プログラム」
  6. バランスの良い育成にも。期間を考慮したチームのプランニング「マクロサイクル」「ピリオダイゼーション」
  7. 「ピリオダイゼーション」から「マイクロサイクル」へ。チーム活動の目的を期間で分けて週ごとにプログラム
  8. プランニングの一番の土台がセッション。試合の状況をトレーニングしよう
  9. プランニングにおけるトレーニング。セッションを構築する5段階の「コンテンツ」
  10. プランニングの観点におけるエクササイズ。トレーニングのために監督が用意する「練習メニュー」5タイプ
  11. 試合に向けて監督が管理する、練習メニューにおける「負荷」。唯一で難解