2016年6月21日火曜日

複雑性を扱わなければならない監督。“ダイナミック”かつ“システマティック”なプランニングが監督を手助けする




プランニングはアクションの案内を供給する


グローバルな視点を持たなければならない監督、彼の知識を整理する助けとなる。フィジカルとかテクニックとか、それぞれのプレー領域での仕事に制限することはしない。


プランニングが選手の成長を管理してくれる


監督が行う理論上の過程の集合体。描写、先見、オーガナイズ…、すべてのデザインから構成されるのがプランニングである。

選手のスポーツライフとして定められた時間の中で、実現されなければならない練習出来事のひとつひとつ。これらの出来事を、ひとつひとつ分析して管理する。選手の最高化を獲得するような、練習プロセスとすることが目的。

選手のスポーツライフ
様々なことにより代わる代わるしていく。いろいろな時間をオーガナイズしていかないといけない。勉強、仕事、家庭…。

練習出来事
選手に影響を与えるもの。継続的に最高化のプロセスにいるように。


プランニングが監督に考えさせる4つの点


  1. 練り上げれた「唯一性」、テクニカルたちによって集結させる方法で。
  2. 「特別性」フットサル、選手の理解、プレー環境、試合量、不可の調節や試合の要求
  3. 「人間性」タレント性を考慮して、スポーツライブの時間とする。チームとプレーの異なりの統合
  4. 「時間性」天候や時間を合わせる。

プランニングは、動的で管理的な望みを持つ。監督はパフォーマンスを扱うのと同時に、柔軟で複雑性を知っている必要がある。


併せて読むと理解が深まる

  1. フィジカルが強いとは実際どういうことなのか?パフォーマンスを獲得するのはプランニング
  2. 監督のプランニングがまた監督のもとに。なぜプランニングが必要なのか
  3. 各監督の一般的な毎年の視点「シーズン計画」そして勝負は「毎週のデザイン」
  4. 複雑性を扱わなければならない監督。“ダイナミック”かつ“システマティック”なプランニングが監督を手助けする
  5. プランの道中で遭遇する。変わり続けなければならない「目的」「評価」「プログラム」
  6. バランスの良い育成にも。期間を考慮したチームのプランニング「マクロサイクル」「ピリオダイゼーション」
  7. 「ピリオダイゼーション」から「マイクロサイクル」へ。チーム活動の目的を期間で分けて週ごとにプログラム
  8. プランニングの一番の土台がセッション。試合の状況をトレーニングしよう
  9. プランニングにおけるトレーニング。セッションを構築する5段階の「コンテンツ」
  10. プランニングの観点におけるエクササイズ。トレーニングのために監督が用意する「練習メニュー」5タイプ
  11. 試合に向けて監督が管理する、練習メニューにおける「負荷」。唯一で難解