2016年4月18日月曜日

攻撃技術の土台となる基礎的な技術能力、というかボール扱いの部分




地面にあるボールの支配


→1つの面でのコンタクト

→2つの面でのコンタクト(同じ足による)

→2つの面でのコンタクト(違う足による)

※プレーの方向変化やリズムの変化について忘れないこと。これらは相手に不均衡をもたらす。


浮いているボールの支配(地面に落ちないようにボールを叩く)


→コンタクトの面の指定と回数

→コンタクトの面の順序の指定


浮いているボール、それを地面で支配


→コントロールオリエンテッドのエクササイズ(両足に働きかけること)


地面を転がるボールの支配(仲間のパス)


→できる限り様々なコンタクトの面を使用すること。体を使いながら。


浮いているボールの支配(仲間のパス)


→胸、頭、太腿


そして攻撃技術へ


すべてのコンタクト面による支配はボールを扱うためのエッセンシャルである。そして、それはボールの支配を獲得するだけで終わることはなく、その後の攻撃技術を使用できるようにつなげることができる。