2016年4月11日月曜日

技術について誤った理解をしていないか?プレー技術をトレーニングすることとは




技術の土台はコーディネーション能力

コーディネーションのメカニズムは技術を習得するための基礎である。コーディネーションは一つの精神運動機能で、全ての精神運動機能は12歳から14歳の間に成熟に達する。

精神運動はアクションの実行を先行していて、目に見えない。監督は目に見える運動アクションにだけ中心としていては、結果を獲得しない。そして、子どものフットボール、初心者によるアクションの実行に対しては、メンタル的メカニズムを活動し動機づけることが必要。


技術=戦いの中でのプレーアクションにおけるボールとのコンタクト


身体とボールとの間で均衡のとれた状態であることが技術の基礎、技術の能力である。そして、技術のフォームは攻撃技術だけではなくて、守備技術も存在する。


試合における1対1

攻撃技術:フェイント、コントロールオリエンテッド、パス、ドリブル、シュート
(ボールを使用)

守備技術:チャージ、インターセプト、タックル、クリアー、守備移動