2016年3月3日木曜日

試合直前のモチベーションを高める方法に。チームバリューの張り紙





試合前のロッカールームでチームを結合させること


大切な試合前に行われるミーティング、その時間はみんなが知るように非常に重要なものである。試合前には、様々な強い想いが交錯している。その交錯する想いを、チームに大きな力をもたらすものにするの。それが監督のひとつの役割となる。

監督のプレセンテーション、想いの提示をすることが土台となる。どんなものよりも有効的で選手が欲しているものでもあるだろう。信頼を獲得できているのであれば。

その他、試合や監督によってはモチベーションビデオを作成することもある。ひとりひとりの選手を紹介したり、気持ちが高ぶるビデオシーンを全員で見る。


他のモチベーションを刺激するテクニック。張り紙。


チームバリューを表す張り紙をロッカルームに配置しておく、ひとつの簡単なテクニックがある。

自分たちのチームが持つポジティブなチームバリューを全て列挙する。個人的なものでも集団的なものでも。 張り紙の枚数は、ベンチ入りメンバーの数まで、コート上の選手の数まで、もしくは一つまで…など、各チームでこれまで経験を積み重ねてきたバリューを改めて選手たちに強く感じさせる。

チームスピリッツやチーム結合に刺激をして、グループで助け合うことを強めるように。選手たちが実際に証明することができるような各バリューを基に、ポジティブなフレーズを使う。選手たちに証明することができないバリューは不必要。

ハッシュタグなどで、ひとつのフレーズをもっと強める。そのフレーズの説明だったり、そのフレーズを経験した過去だったり、その試合の目標だったり…。そして、ひとつのシンボルやチームエンブレムを用いる。

張り紙は、選手が更衣室に入ってきたときに自然と見えるように、そして更衣室全体を覆うようにする。選手たちが入ってきて着替えているときは放置。監督の話の中で、幾つかのポジティブなバリューを含めることができる。

選手たちがチームに対して最大限に貢献できるように…。