2016年3月2日水曜日

ヘッドコーチに大きな貢献をするセカンドコーチ。チームの鍵を握るひとりの人物




ヘッドコーチは様々な協働者に囲まれているべき


セカンドコーチ、キーパーコーチ、フィジカルトレーナー、メディカルスタッフ、フィジカルセラピストなどが、プロのレベルになるとヘッドコーチの周りにいるであろうスタッフ達である。しかし、当然全てのチームでこのような協働者を得られる訳ではない。特に育成チームやアマチュアチームでは考えられない。チームに経済的な力がないとこのような体制を整えることは不可能である。しかし、私たちには協働してくれる可能性を持つ友達がいるだろう。


セカンドコーチは偉大だということ


それぞれのチームに属しているスタッフとしては、セカンドコーチが多い。全体的な知識を網羅しているヘッドコーチを、セカンドコーチがあらゆる局面から助ける。この場合、セカンドコーチはアシスタントコーチと呼ばれることもあり、ヘッドコーチにとって非常に重要な人物となる。

セカンドコーチは責任と義務を負わなければならない。そしてセカンドコーチとヘッドコーチの良い調和は土台となる。ヘッドコーチが全信頼をおける人物でないとならない、そして彼に委任しなければならない。したがって、セカンドコーチはヘッドコーチに選ばれることが望ましいが、クラブの事情によってそうなるとは限らないだろう。


セカンドコーチは多くの役割を実現する


・コート外を管理することや選手からヘッドコーチへの入り口を作る

・特定の選手に個別で働きかける

・ヘッドコーチと配分をし合いながらグループに働きかける

・練習やリカバリーを選手の様々な動機により行う

・アップやダウンを率いる。特にフィジカルトレーナーがいないチームにおいて

・選手についての統計管理の任務を負う。練習の出欠、体重、怪我…

・コート外における良い雰囲気を創る