2016年3月18日金曜日

ゴールキーパーの足弾きで重要な5つのこと。足と腕の使い分けはゴレイロの鍵




足を使うこと


シュートを守る際には、このスポーツでは非常に近くリアクションをするためにとても少しの時間しかない。ボールを弾くための足の正確な使用は、ものすごい重要性を持つ。


1.ジェスチャーのスピードと側面性


早い反応や側面性を高めるためには、技術側面だけではなくて足のスピードトレーニングが必要となる。一般的には、利き足で弾くことは快適であり、非利き足はもっとトレーニングしなければならない。正しい足を出すように、そして足に差がないようにトレーニングする。


2.警戒の姿勢


良い姿勢で状況に応じたポジションを取ること。早く反応するために重心を中心におき、足の前方で支える。シュートの瞬間にポジションをとっていること。

子どもたちは特に、アクションの時間を測ることが簡単ではない。片足が浮いていることがよくある。


3.足の我慢


多くのキーパーの傾向は、相手のシュートの可能性に対して床に倒れてしまいフェイントに対応できなかったり、遠くからのシュートに足で弾こうとすることで弱いサイドにコースを開ける。

つま先を外側に。もし足が同じ方に向いてしまうとその逆への能力を制限してしまう。


4.良い弾き


ボールを危険なゾーンから出す。中央のゾーンにボールを落としてつめられることを避ける。外に出すことが良い。

キャッチすることは好ましいことだが、一番の目的はゴールを守ること。


5.股間の下の低いシュート


インサイドをつかって体の前を交差させながら、外に向かって弾くのが良いオプション。面や体を倒すのが癖になっているキーパーが多い。