2016年2月15日月曜日

チーム管理:信頼性から指導力は生まれる。選手の信頼を得るために




150円の有料記事です。

監督はチームにおいて鍵となる役割である。選手は観察する。監督がどのように、行動するか、話すか、感じるか、練習を組織し率いるか、モチベーションを高めるか、試合を率いるか、問題を解決するか…

監督は毎日選手たちからの試験をうけるようなもの。やることに対して感じて、評価するように処理をして、指導者に近づく、もしくは遠ざかる。

監督の信頼性は、彼の振舞いや意見、提案による影響による。そのチームで分かち合う時、受け入れる時、そして付いてくる時、監督は信頼性を得たと言える。

監督の信頼性は、その役割固有のものではないし安定しているものでもない。監督の毎日の振舞いが自身の信頼として足される、もしくは引かれていく。その振舞いは選手により評価されるだろう。選手は毎日起こることやその振舞いにより見られることでの状況に応じて、監督に近づく、もしくは遠ざかる。

監督の信頼性を増加させる4つの要素

1.フットサルの専門家として認知される
2.チームもしくはグループの良い管理者となる
3.動機づけること、もしくはパフォーマンス向上の雰囲気を創ることを知る
4.勝つこともしくは前向きな結果の獲得

150円、ペットボトル1本分のお願いです。有料であることは考えを深める、本を買うように、講習会に行くように。選手にペットボトル一本おごるより、価値ある150円になることを願っています。


チーム管理:信頼性から指導力は生まれる。選手の信頼を得るために