2016年1月15日金曜日

ひとつの領域に特化した指導方法であるアナリティック・トレーニング





分析的な方法論


フィジカルやテクニック、タクティクスといった様々な要素から独立した方法によって行われる活動や練習メニュー


特長


  • 相手の介入はない。もしくは少ない。
  • 機械化、自動化によって習得は生まれる。
  • 働きかけたいプレーパートによって、ボールのあるないが決まる。


不都合性


  • 様々なプレーパートを分ける。集合体とすることは理解されない。
  • プレーのエッセンシャルは中心となっていない。
  • 判断の要素を分離するのが一般的。選手に考えることを助けず、決まったラインを生産する。
  • 動きのパトロンを生産する。選手の創造性に制限をかける。


優位性


  • 組織するのに単純で簡単な練習メニュー
  • 掲げた目的を獲得することや計画すること
  • コンディションの観点から量をあげること
  • 反復によって動きのパトロンを機械化すること


利用


  • 習得の最初の段階
  • テクニックの困難さは分析的な戦略としてこの方法論に頼る傾向にある
  • フットボール特有なトレーニングで用いられる