2016年1月22日金曜日

『ATR』 蓄積~変換~実現という過程を辿って試合を迎える方法論




重要な試合の日までに期間を持つような、個人スポーツでよく使われる方法論


3つのタイプのメソサイクルを繰り返した周期性と入替りを基本とする。(蓄積~変換~実現) 
試合の期間に応じて修正されることはある。練習の管理に応じてメソサイクルは整理される

毎週試合がある、毎週の試合が大切となるようなスポーツでは、1ヶ月のメソサイクルで考えることを許さないだろう。

何人かの研究者は、小さな修正を加えてフットボールなどに適用して利用することもある。メソサイクルを修正し3週間から1週間の期間として、選手たちのフィジカルコンディションの向上にポジティブな結果をもたらすように。


蓄積 Accumulation


目的と基本的な練習メニュー
  • 技術や動きのポテンシャルの向上
  • 基本能力の発展:最大筋力、有酸素的持久力。技術のレパートリーやエラーの訂正も含めながら

内容
  • 強度の高い筋力の練習
  • 有酸素的持久力(筋肉が酸素を活用するポテンシャルを高める)
  • 基本技術の完成化とエラーの訂正

最大筋力、有酸素的持久力、技術
量>激しさ


変換 Transformation


目的と基本的な練習メニュー
  • 蓄積されたフットサル特有なコンディション準備のポテンシャルを、試合の技術フォームや動きの発展へとポジティブに移り変えていくこと。技術‐戦術の要素も含めながら。
  • 技術の構築と疲れへの忍耐を強調すること。

内容
  • 激しさの高い練習
  • 筋力の持久力もしくはポテンシャルの練習
  • 最大酸素摂取量もしくは乳酸性閾値に関する練習
  • 疲れの中での技術の完成化

瞬発力、有酸素的持久力と無酸素的持久力、疲れにおける技術
量≒激しさ


実現 Realization


目的と基本的な練習メニュー
  • 準備で用意された刻印における最高の結果の獲得
  • 試合に対する完全な回復

内容
  • 試合のリズム。最大限の激しさによる試合の練習メニュー
  • 休養された状態での練習、試合

特有な筋力、試合のリズムとスピード、支配的技術
量<激しさ