2015年11月13日金曜日

的確な決断をしながら勝つことは難しい。育成監督の哲学はどのようになければならないか。



フットボール育成の一般的な目的


スポーツ的教育
  • 一般的なスポーツ実践の向上
  • コーディネーションやコンディションの発展
  • 基本的な巧さや認知・決断など、身体を動かした試合の発展

教育的な様相
  • 社会性教育。規律、団結…
  • スポーツ、努力、協力、約束、人間的超越、仲間意識の価値観
  • スポーツ的教育。ルール、相手、審判、応援など尊重
  • 健康的、衛生的週間の発展
  • 学校活動の補充。スポーツを奪い取る罰を与えないこと


育成監督にとって重要な考案


  • 的確な決断をしながら勝つことを教えるのは、難しい
  • フットサルに興味を持つ選手たちを獲得すること
  • 試合は手段ではなく結果であるが、選手を育成するための手段
  • 遊びや感謝といった視点から教えること
  • 練習は進歩するためのもの。アピールするためのものではない


成長の段階


成長の段階を飛ばさない
成長の類似(精神的社会性や知的性の認知、感情、社会、動力、身体)
  1. 6-9歳。開始
  2. 10-13歳。スポーツ的発展
  3. 14-16歳。進歩
  4. 17-19歳。完成

相手のいる集団スポーツ習得の段階
  1. 8-9歳。戦術導入
  2. 9-13歳。戦術習得発展
  3. 14-19歳。戦術完成