2015年11月12日木曜日

[Twitterまとめ]勝ちか、喜びか、学びか。育成指導に最も求められるものとは。



一生懸命にプレーする。楽しむ。臆病さと闘う。それが子どもに求めること





情熱を鎮火させようとばかりしている





でも子どもにとって大切なのは今





それでも勝ちを目指す精神でなければならないのは忘れてはならない





育成指導は勝ち負けよりフットボールを教えること。プレーする喜びや学びが本質





人と人の関係を築くことが一番。人間味溢れる人はどこでも必要とされる。





子ども一人の人。彼らも決断しながら生きていかねばならない。





選手たちが戸惑うことを放っておくこと





指導者ヅラはいらない





求められるのは寛大さ。愛。