2015年10月22日木曜日

伝える力を身に付ける!知識を持っていても伝えられる人は多くない



選手それぞれを理解すること


他の人と同じ選手は決していない。誰と話しているかわかっているか。選手のことをわかっていればいるほど選手とのコミュニケーションはより成功に近づく。

当然、子どもたちと話すときであっても、この様相はとても重要となる。育成のスポーツはプロのスポーツではない。彼らの世代に応じて私たちのメッセージを可能な限り選手に適応させることは、とても重要な要素。


いつも準備をすることは即興よりもよいこと


言いたいことは準備することができる。例えば、練習の前や試合の前。とはいえ、たくさんの機会で私たちに即興を強いる。なぜなら時間は流れている。

実際とてもうまく臨機応変に即興できる監督はいる。しかし大抵は即興する時に話がそれるか不必要に回り道をするのが常である。これによって実際に伝えようとしていたことをぼやけさせてしまう。自分のメッセージが正確となるように、できるだけいつも言おうとすることを準備する。


場所に適応させる


それぞれの場所で決められている特徴がある。もしフットサルのベンチに自分がいて観客の声援の中、選手との距離は10メートルという状況であれば長い説明を加えることはできない。受信者がメッセージの受け取りを保証するために、とても具体的で短いメッセージでなければならない。ところが、もっと落ち着いた場所であれば複雑なメッセージも与えることができるだろう。


話している最中。立ちながら短く。


監督が長々と話していると、選手たちは待ちながら苛立つ。選手たちはいつもプレーしたい。果てしない説明を聞きながらも寝ることはない。私たちの話を長くすることを避けるのが最良。具体的で簡潔なメッセージは選手たちとのコミュニケーションを最善のものとするだろう。


言葉ではない言語に注意を払う


もし言葉ではない言語が私たちの言葉と一致しないと選手に混同を生むこととなるだろう。選手は聞くことと見ることで理解をしていく、もしくは見ることのみで。監督がいいぞと褒めていても顔が一致していなければ、選手はどう感じるだろうか。


話の後。聴いて観察する


話すことが全てではない。話すことが最後ではなく、それはサイクルのひとつである。話すことと同じくらい大切なことは聴くことと観察すること。それぞれの選手がどうか、それを知ることは、私たちのメッセージが毎回こうかてきに到達するための鍵である。


いつも尊敬


もし自分が尊重されたいなら選手たちを尊重する。選手たちとのコミュニケーションを機能させるためには、選手たちにいつも尊敬を表す。