2015年10月21日水曜日

戦術的ピリオダイゼーションの基本となる「プレーモデル」について




プレーモデルとは何か


あるチームがプレーの各瞬間に表したりそれを規則的な方法で行うオーガナイズ。監督により樹立される様々な基本を土台とする。

プレーモデルに対して、何かが獲得されたり均衡がとれたり、何かを終えたりすることはことは決してない。なぜなら継続した構築の中にあるためである。

攻撃>守備への移行>守備>攻撃への移行>攻撃

まず私たちのプレーモデルを定義すること。そしてそこから自分のプレーモデルに向けて、私たちの練習を定義することや選手たちを準備することを行う。


プレーモデルの構築


  • 監督のプレーアイディア
  • プレーの基本
  • 機能性の組織化
  • 構築性の組織化(プレーシステム)


プレーモデル構築の段階


  • 一般的なプレーの基本から。攻撃と守備の特別性を定義しながら。
  • 事前の基本を土台にプレー段階のための目的を樹立させること。
  • 戦術的インテンションを選択すること。攻撃と守備のグループ手段を発展させる。
  • 戦術手順の選択(攻撃と守備)、グループ戦術による手段の一連
  • プレーモデルやシステムの定義


プレーモデル


  • 監督のアイディア
  • 特別な前後関係(私たちのレベル、週の構築、練習…)
  • 選手グループの特徴

プレーモデルを基本として練習メニューを計画する。私たちの前後関係を基本として、希望する振舞いの出現を有利に働かせるために。いる選手を適応させること。