2015年10月19日月曜日

プレーを知りそこから計画する戦術的ピリオダイゼーション



戦術的ピリオダイゼーションはプログラムの1つのモデル


戦術的ピリオダイゼーションはプレーを知ること。
  • 「戦術」攻撃と守備のすべてのアクション
  • 「戦略」停止したボールもしくは個別もしくは集団に事前に用意した形でのアクション
  • 「プレーモデル」監督により理想とされた振舞い


ピリオダイゼーションの観点から計画すること


計画は事前に提案された理論の集合。描写、予見、オーガナイズ、練習における出来事の全て。それらのデザインが基本。試合において選手たちのプレーで最高の結果を獲得するために。

トレーニングは週単位を基本とされる。毎週の試合に最高のコンディションで到達するアイディアが土台となる。より要求的な構築としてミクロサイクルが利用される。コンディションの練習は監督がトレーナーに頼んである状態でなければならない。


負荷に関して注意をしなければならない


  • 負荷の波。練習のセッションに置いて負荷の分配に的確な状態にしなければならない。
  • 80%以上による練習のインテンシティ
  • 試合の特別なトレーニング
  • 最高化の方法として試合を利用すること
  • 予防的なインターバル
  • シーズンの様々な瞬間において量の違いを最小限にとどめること。
  • ファンクションやコンディションの能力のコントロール
  • 実行モデルの準備
  • 試合のカレンダーへの適応