2015年10月15日木曜日

4-0システムとライン間プレー[オプション3]プレーを転回する。近いサイドにパスをする。



  • 安全性
  • 中へのアタック
  • フィニッシュ
  • 沈める


安全性のオプションとしてプレーを転回する



オプション1とオプション2のパスが難しい時には常に、停止し近いサイドに対して転回をするこのオプションを持つ。


遠いサイドへのパスとライン間へのパスが困難。危険を冒さないで停止し展開する。


ボールをアタックして中央へ持っていく重要性。プレーを転回する時にサイドで1対2とならないように



プレーの転回のオプションを持つために、ボールを受け取ったら中央へ持っていく。


守備は1対2とすることが困難。


オプション2と同じフィニッシュへのオプション。パラレルとダイアゴナル



1.近いサイドにボールが行く時。ライン間の選手はパラレル、するとダイアゴナルのスペースが開く。


2.近いサイドにいる選手は留まりパラレルによるフィニッシュを探す。



1.もし逆アラの守備者が閉めないなら、ライン間の選手がパラレルでシエレの守備者を引きずる時に。


ダイアゴナルへの偉大なレーンが開く。


パラレルとダイアゴナルに強く抜けると相手守備者を沈める



フィニッシュのためでなくともパラレルとダイアゴナルに強く抜けることによって


相手守備を沈める


  1. 4-0システムとライン間プレー[基本]ボール保持者に対してパスの3つのオプション
  2. 4-0システムとライン間プレー[オプション1]遠いサイドへのパス
  3. 4-0システムとライン間プレー[オプション2]1.ライン間へのパス
  4. 4-0システムとライン間プレー[オプション2]2.ライン間によるプレーで起こりやすいエラー
  5. 4-0システムとライン間プレー[オプション3]プレーを転回する。近いサイドにパスをする。
  6. 4-0システムとライン間プレー「逆サイドの活用」密集から点在へ
  7. 4-0システムとライン間プレー「攻撃の忍耐」ボールと人の循環の仕方が鍵