2015年10月2日金曜日

4-0システムとライン間プレー[オプション2]1.ライン間へのパス



自動的にマークをさせない



守備のラインの間の距離を読む。ファーストラインの守備者がマークチェンジをする時、ライン間に顔を出す。セカンドラインの守備者は自動的にマークをつけない。


コントロールしてパスをするために守備者との関係で十分な距離をとってボールを受ける。



1.スペースを読む


2.マークチェンジをするときにセカンドラインの守備者から離れて顔を出す



1.スペースを読む


2.マークチェンジの時にスペースで止まる。セカンドラインの守備者に自動的にマークされないように。



1.スペースを読む


2.セカンドラインから離れて受ける


ボールをアタックして中央へ持っていくとライン間へのパスラインはもっと開くだろう



1.パスの軌道やパスのテンポによって、受け取る人はコントロールオリエンテッドによってボールをアタックする。


2.ライン間へパスをするために、もっと沢山の角度を持つ中央を獲得できる。


パラレルとダイアゴナルによりフィニッシュ



近いサイドとライン間でのプレー


ライン間プレーによりフリースペースを生む


フィニッシュへの2つのオプション



ライン間プレーによりパラレルを探すとダイアゴナルに入るスペースをあける。


3対2



ファーストラインを超え、ライン間でボールを受けた選手がターンし両アラがスピードでサイドを上がる。




マークチェンジがない時



セカンドラインの守備者を観察する。


ライン間で顔をださずにフリースペースに向けたダイアゴナルを探す。


  1. 4-0システムとライン間プレー[基本]ボール保持者に対してパスの3つのオプション
  2. 4-0システムとライン間プレー[オプション1]遠いサイドへのパス
  3. 4-0システムとライン間プレー[オプション2]1.ライン間へのパス
  4. 4-0システムとライン間プレー[オプション2]2.ライン間によるプレーで起こりやすいエラー
  5. 4-0システムとライン間プレー[オプション3]プレーを転回する。近いサイドにパスをする。
  6. 4-0システムとライン間プレー「逆サイドの活用」密集から点在へ
  7. 4-0システムとライン間プレー「攻撃の忍耐」ボールと人の循環の仕方が鍵