2015年9月2日水曜日

怪我は仕方なしに起こるのではない。選手の怪我は監督の責任



選手たちの状態について私たちの認知が常に基本となる


  • 選手たちに定期的に行うテスト全ての情報
  • 選手についての分析


オープンな対話があることが必要不可欠


メディカルスタッフ、テクニカルスタッフ、そして選手がまじめになって話すように。自分の役職を守るために、他人に罪を被せたり事実とは違うことを言うことは最悪ななことだ。チームやグループに害となる。


補完するトレーニング


私たちの毎日のトレーニングにおいて、8割がボールを使ったトレーニング、2割がボールを使わないトレーニングで構築されるのが常である。過去には、もっとボールを使わないトレーニングを行っていたが、数年前からテクニカルはよりボールを使ってトレーニングをするようになった。

しかし自チームのプレー動作により発生する筋肉の不均衡を補うために、ボールを使わないことも常に何かしなければならない。


メディカル部門とテクニカル部門の連携


怪我を予防するためのトレーニングの方法は、最初の時点からメディカルスタッフと協力することで構成される。明確なトレーニングのラインを持つこと、予防を深めること…。怪我が発生した時の診断や後の扱いは、新しい怪我を避けるための鍵となる。

練習のセッションの数や負荷、メディカル部門が行う怪我予防の特別なトレーニングを計画することもフィジカルトレーナーによって引き受けられなければならない。


怪我の追求において危険要素を知ることは必要不可欠


過去の怪我
怪我を負ったことのある事実は、同じ筋肉の怪我の危険性を高める。怪我の80%は2シーズン以内で一度怪我をした筋肉のグループである。

大腿四頭筋とハムストリングスの間の筋肉のバランス
そのバランスを修正するために、ボールなしで特有トレーニングを行わなければならない。

年齢
年齢が高ければ高いほど怪我の危険性は高まる。そして年齢の高い選手たちは、多くの練習を蓄積してきている。脚には多くの練習と試合がある。

人種

疲れ
疲れた筋肉は怪我の可能性が高まる。その機能性が乱れているため。

不適切なウォーミングアップ

自身の習慣
煙草を吸う、酒を飲む、休まない、不適切な栄養などは、筋肉の怪我の可能性を高める。


怪我の起源はすなわち、様々な要素を持つだろう


メディカル部門とテクニカルの間での協力やトレーニングの良い方法論は、怪我を少なくするための基本となる。

しかし、フットボールはより早く激しいスポーツとなっていることで、怪我を予期できないことが多々ある。怪我を避けるための魔法の杖はない。しかし考えられる方法により怪我を減らすためのトレーニングはあると信じる。