2015年8月24日月曜日

選手のモチベーションに働きかけるのも指導者の務め。モチベーションは決断の源



モチベーション“システムを動かすガソリン”


ある感覚もしくは他の感覚へ、私たちの振舞いを変えたり実行させたりする、推進方向や激しさとして考えられる。人間のどんな作業の実行も、そのモチベーションの要素を基本とする。そのモチベーションは内部のものと外部のものに分けることができる。


モチベーションの内部要素


  • 活動への完全な参加
  • その任務は一つの挑戦を構築し、時々退屈であるだろう
  • ある任務を実行する見込みを持っている能力によって完全に実現できるものという認知(もし能力が高すぎるのであれば退屈となり、もし能力が低すぎれば不安やストレスとなる)

内部のモチベーションに焦点をあたるとき、選手の中の不確実性を減らすためには目標の管理が重要となるだろう。それらの目標をどのように達成するか、その情報を与える。それらの全てがそれらを獲得する可能性を高め、コストを最小にする。


モチベーションの外部要素


  • 経済的な報酬
  • スポーツのマテリアル
  • インセンティブもしくは褒誉
  • 社会的ステータス



目標管理実現のために注意すること


目標の集団的な構想と個別な構想。チーム全メンバーの個別な参加と集団な参加。現実目標の合意と承諾をさがしつつ。

目標のカレンダー。効果的となるように目標は短い期間、中ぐらいの期間、長い期間で構想されるべき。

目標の獲得は個人的な競争感情を増加するようにする。内部モチベーションと自信を増加させるだろう。プレーにおける決断と強く関係している。