2015年7月31日金曜日

状況のスポーツであるフットサルのフィジカルを鍛えるために



同じスポーツは一つもなく、異なる要求がある。したがって、その機能構造によって異なる動作となる。Domingo Blaquez


フットサル


20分の2つの部分で展開される。その間に10分の休憩。選手たちは複雑で適応した動的活動を実現させる。頑張りと休憩の量や激しさによって様々な段階を不確実な方法によって行う。全てのアクションは高い激しさで実現され、それに伴い短い時間となる。

  • 高の激しさと短い時間で実現されるアクション:プレーの不安定な展開に伴い生まれる
  • 中か低の激しさで様々な長さとなる時間:プレー中の軽い活動、もしくは休憩から生まれる


状況のスポーツ


攻撃と守備が度々変わり、選手による効果的で適した様々なフィジカルの動作を必要とされる。異なる局面が与えられることで、プレー中に状況のバリエーションが偉大なほどに生まれる。


現代的な練習方法


目的の計画において
  • プレーの状況を基礎としたフットサル特有なフィジカル練習
  • 様々なプレーの状況で生まれるような、動作を向上させるための計画された目的
  • テクニック-タクティクスやサイコロジカルと統合したフィジカルの目的
  • プレーの前後関係による選手の総合的なスポーツ訓練の獲得

介入されるフィジカル能力との関係において
  • プレー能力の向上を追求する全ての能力や要素を統合した練習
  • 状況を解決するために他の要素を集結させた能力として様々なフィジカル能力の発展

方法論やアクティビティの雇用において
  • プレーの状況を土台とした統合したモデル
  • 選手の創造性や学びを発展させるスタイル
  • フットサルに似た構成による総合的な練習メニュー