2015年7月30日木曜日

タクティクスに対する考え方の移り変わり。最近の戦術と練習



理想の選手は、早く解釈し、早く決め、早く実行する。 Juan De Dios Roman


《慣習的な》タクティクス

  1. 他の要素を服従させる
  2. 集団的なコンセプト(ポジションや動き)として考慮
  3. 選手の戦術的賢さは才能
  4. 選手のオートマティズムを指導する
  5. 消極的セッション(ボード、ビデオ、話し合い…)による習得
  6. 最初の頃からポジションにこだわる
  7. プレーシステムは堅固なポジション


《現代的な》タクティクス

  1. 他の要素を発展させる
  2. 個別の観点で見られる
  3. 選手の戦術的賢さは練習によって向上する。適した方法論による、プレーその瞬間に、認知分析決定について能力つける
  4. 選手によるプレーの理解各状況で行うことの解釈を指導する
  5. デザインされた練習メニューによる活動的セッションによる習得
  6. 最初の頃からポジションに関わらず多才性を発展させる
  7. プレーシステムは柔軟なポジション


《慣習的な》練習

  1. 動きや評価、集合的活動が基本
  2. 刺激のバリエーションはほぼない、少しの認知
  3. 事前にアクションは知られる、どのように、いつ、どこで刺激が現れそうか
  4. 決定の過程に厳格な制限が存在する
試合に移行し、事前に樹立した情報にバリエーションが生まれるときに望ましくない結果が現れる。「経験-個人体験」の準備不足により間違った決定。


《現代的な》練習

  1. プレーに近く活動的な形が基本
  2. 刺激の高いバリエーション、認知に大きな影響
  3. いつ刺激が現れるかわからない。実際の前後関係からそれらを解釈しなければならない
  4. 決定の過程の資源
「経験-個人体験」によって、成功により近づく希望する刺激が現れる機会が多くなる。正しい決定となる。