2015年7月27日月曜日

プレー能力の発展に働きかける3種類の練習方法



伝統的な練習方法


アナリティクスな教授法を利用する。4つの要素(テクニック、タクティクス、フィジカル、サイコロジカル)は独立して習得されて一体となる。最高のスポーツパフォーマンスが達成させるために、4つの要素をそれぞれ分けて練習するように計画される。


恐らく実際によく使われている練習方法


アナリティクスな教授法と混合して利用される。4つの要素は独立して習得され一体となる。しかし、4つの要素それぞれは発展のために他の要素を条件とする。試合の間に相互に関係するのと同様の方法で、練習の間に発展されないとならない。

最高のパフォーマンスを達成されるために完全に違う2つの段階が適用される。
  1. テクニック、タクティクス、フィジカル、サイコロジカルはアナリティクスにトレーニングされる。
  2. グローバルな練習メニューを利用しながら相互に関係させる。


現代的な練習方法


プレー状況を基本とし組織化したグローバルな方法論を利用する。プレー能力を一体として考えながら練習されなければならない。