2015年6月29日月曜日

練習メニューをより発展させるための監督の介入(時間、説明、フィードバック、参加)



時間の管理


練習メニューの時間を導くこと
休憩を管理すること(回復とフィードバック)
練習メニューの継続性を与えること


練習メニューの説明


説明において必要な時間を使うこと。練習メニューの意味と、「なぜ」「何のために」行うのか、選手ために明らかとするように。全ての疑問は、練習メニューの停止を発生させるだろう。練習メニューの継続性や練習の質を減少させる。

「よく見ることは重要である、しかしもっと重要なことは情報を受け取らなければならない人にしっかりと到達させることである。」ホセ・モウリーニョ

私たちの伝えたい事を私たちの選手に適応しているだろうか?


フィードバック


選手にプレーについての情報を与える。狙おうとすることについて自覚した知識を持つために。

ミクロレベルもマクロレベルも同様に介入する。選手やチームを向上させなければならない。

前向きな補強(褒める)。選手が的確に解釈した時に監督の伝えたいことを感じるように。

練習メニューを一体化する。習得があるように、超越するために最低のインテンシティがある。集中や関わりあいなしに、どのように学ぶだろうか?

競いあう練習メニューを創る。そのインテンシティを生むための選択の一つである。




監督の参加


練習メニューを生きたものへと変貌させる。

選手たちやチームの必要に応じて練習メニューのデザインを適応させ、練習メニューの作動中に的確に介入する。