2015年6月30日火曜日

フィジカルトレーニングの基礎[3] 練習の管理と試合の管理



団体競技は、計画を左右させる状況を表明する。

  • パフォーマンスの事前評価→様々、複雑、相互依存
  • 目標の樹立。失敗と成功の距離を小さくする。→操作できない様々な要素
  • 全ての要素に言及した活動のプログラム→複雑


練習プロセスの向上

知識や管理システムの利用により、チームや選手たちの状況を監督へ伝える。

大きな情報を寄与する変数の「選択」
かなりのバリエーションの量に対して。それを実現することの不可能性に対して。
真実、適切、迅速な情報の管理は、監督にとって練習での偉大な挑戦の一つ。


試合や練習のコントロールはプランニングの樹立から始まる

予測した適応と達成した適応、その間の大きな逸脱を知る。

行ったプログラムとプランニングの妥当性を知ること。
プログラム修正で、事前の目標に向かってパフォーマンスを継続させる。


何を管理すべきか。どのように管理されるか。


バリエーションを階層化し整理するシンプルな一つの提案
  • 試合における個人的パフォーマンスと集団的パフォーマンス
  • 練習で行った活動
  • 選手たちの発展
  • 毎日の練習