2015年6月11日木曜日

プランニングに応じた「練習プログラム」



練習のプログラムとは


チームが全ての目標を獲得するために実現するだろう全アクティビティの整理。
個人的、団体的に可能性を発展させること。特に試合の日には出来る限り最高のコンディションとなること。
ミクロサイクリゼーション

  • カレンダー:試合の要求
  • 練習の法則:練習の負荷の「適応」と「回復」


1.目的に応じたプランニング


  • 試合の評価と管理:チームスタッフが試合を分析する
  • 改善の側面の照明:目標を固定する
  • 練習の評価と管理


2.練習の要素や方法の組織化


  • 練習の構成:ミクロサイクリゼーション
  • 負荷の拍子と一連性
→目的を獲得するための練習メニューの組立
→練習メニューの組織化と前進


3.目的に応じた一連性


第1期:4月、5月、6月、7月、8月
第2期:9月、10月、11月、12月
第3期:1月、2月、3月

1週目、2週目、3週目、4週目

月、火、水、木、金、土、日
試合準備の期間には、ミクロサイクルは選手の調子を前進的に獲得できるように構築される。
試合のミクロサイクルでは、「リカバリーやフィードバック」と「次の試合への準備」の2つのタイプ。

試合前のセッション
  • タクティクス負荷:次の試合への準備。調節。
  • サイコロジカル-ソーシャル負荷:グループの感情的コントロールはとても重要。試合の瞬間における特有な状況に留意しながら。
  • コンディショナル負荷:団体の軽い調節、個別トレーニングの優勢

試合後のセッション
  • タクティクス負荷:賢明な選択と間違えの情報
  • サイコロジカル-ソーシャル負荷:次の試合に立ち向かい始めるために試合の様相の軽減もしくは強化
  • コンディショナル負荷:プレー時間の違いに応じたリカバリー