2015年6月10日水曜日

チームや選手をますます成長・適応させるために不可欠なプランニングの「概要」「特徴」「目的」




コンセプト


あるプロジェクトの責任をとる監督が未来を予想して、成功に向けて大きな可能性と共に運んでいくことができるような、より良い案やアクション経路を探し決めるプロセス。

監督が実現する「理論的想定」の集合体。「実現」、「予測」、「組織化」、そして、このクラブに属する選手のスポーツライフにおける特定の瞬間に実現されなければならないと考えられる「それぞれの出来事」や「出来事全て」のデザインから成る。これらの出来事を「修正する」ことを可能とする管理や分析の方法による。ますます「選手の最適化」を獲得するような練習プロセスを獲得する目的。


特徴


そのチーム唯一。統一するように、柔軟に、最適に、能力に
そのチーム特有。
個人用に特殊化。選手の特徴に留意


目的


試合におけるチームのパフォーマンスの向上。
シーズンを通じて試合でより良いパフォーマンスの向上を可能とするような、選手それぞれの調子の向上。


選手それぞれの調子


すべての試合、どんなタイプの相手に対しても、他の仲間と協同しながら、テクニカルアクションを実現できる能力や希望するタクティクスの決定や実行をする能力を選手に最高レベルで獲得させること。