2015年5月26日火曜日

外部から内部へ。プランニングに対する考え方の移り変わり。



獲得するために計画する

達成するような特別な練習
  • 練習負荷の高いコントロール
  • 練習回数を基本にしたパフォーマンス
  • 選手を引きつけるような、バリエーションが十分にあること
  • 試合に近い練習による早い吸収
  • 試合のある全シーズンの間で身体の状態を維持可能とすること
  • 疲れの上昇の中で競うことをする力を保証すること


伝統的な計画

そのスポーツが提案する必要性に応じたモデルの再現
スポーツ選手の外側の様相(ルールや試合の要求)


生物の適用プロセスを中心にしたスポーツの練習

全ての要素のプロセスとしての練習
  • コンディション
  • 技術コーディネーション
  • 認知
  • 社会-感情
  • 感動-意志
  • 創造-表現


現代的な計画

  • そのスポーツやスポーツ選手の必要性に応じた自動的なモデルの創造
  • そのスポーツやそのスポーツ選手、そのチームの内部要素を基本とすること
  • 選手による競い合いの衝撃
  • そのスポーツ選手に対する研究
  • 戦術的なコンセプトの機能に応じて構築すること
  • 監督、フィジカルコーチ、テクニカルコーチによる評価


スポーツの戦略

  • チームやその環境の診断や分析
  • 旅程表
  • 連続させること
  • 熟考を刺激すること、批評な姿勢を強めること


グループでの運営スタイル(クラブ単位、チーム単位)

  • プレーモデル
  • 練習モデル
  • 外部の様相