2015年5月19日火曜日

プレーモデルの発展を試みる「プランニング」の実際的指針



戦術的規則

  • 方法論として、エラーに対するトレーニングが利用されるだろう。
  • =選手たちが正しく戦術的規則を適用することを確かなものとする練習メニューをベースとされる。私たちのプレーモデルの機能の中で適切な決断をとるように。
  • プレーの一般的振舞いを刻むだろう
  • 試合で現れることを想定した規則性であるだろう。プレーの不確実性や臨時性に立ち向かう形で。
  • プレー状況に対して振舞いの習慣や予測に力をかしてくれることだろう。


進化する様式の方法論

  • フットサルというスポーツを構築する方法論が基礎となる
  • 戦術的プレーを通じて
→常に「ライバル」「ボール」「ある目的」を物語らなければならない。
→練習メニューの目的に応じて、戦術、技術、ルール、時と空間、動的コミュニケーションのコンセプトに変化をつける


1週間のミクロサイクルがシーズンの基本。練習の数に応じて。

  • 戦術レベルでの目的を樹立する
  • 計画を立てる
  • 実際に行う
  • 修正する
  • 実際に行う


ミクロサイクルのモデル例


  • 発展の原理
  • 進化するコンセプトによって少しずつトレーニングされる。
  • 水平の原理
  • あらゆるコンセプトを定期的にトレーニングされる。
  • 嗜好の原理
  • 試合で現れるように繰り返しトレーニングされる。