2015年5月12日火曜日

[3] シーズンの流れに応じたアクションプラン /スポーツ練習のプログラムとプランニング




スポーツパフォーマンスを決定する特徴を予測する

・若い世代から計画的方法論の中でトレーニングすること
・時期尚早の特別化を避ける。可能な能力の上から要求しない。選手のスポーツライフを妨害しない。

長期間に対する練習の計画

・練習の構築を決める
・選手側の練習プログラムの受入れ
・同じ練習計画の中での修正と操作を含める


マクロサイクル

1シーズンの長さに値する構成

準備の期間
・大体1ヶ月の長さ
・一般的なフィジカル準備
・基本的な戦術と技術の要素の習得
・沢山の量と低いインテンシティから試合に近づくにつれて、フットボール特別化と高いインテンシティへ。
・一般的な準備とフットボール特有な準備

試合の期間
フットボールに直接的に介入する特別な要素の一つずつの完成を探すこと
→試合パフォーマンスの向上を探しながら
1.フットボール特有な巧みさの向上
2.技術と戦術の融合と完成
3.一般的フィジカル準備を維持すること
4.トレーニングの量の減少とインテンシティの前進的な維持

一時的な移行期間
・すべての器官の機能を回復する。特に精神面
・活動的な休息
・大体1ヶ月


ミクロサイクル

短い期間における練習セッションのシリーズ(1週間、もしくは2週間)

構成の2つのタイプ
・努力の積み重ね
・再樹立

調節や導入のミクロサイクル
・低いレベルの負荷
・激しい練習への準備

負荷のミクロサイクル
・フットボリスタのパフォーマンスの向上を目的とする中ぐらいの負荷

インパクトや衝撃のミクロサイクル
・トレーニングの負荷の上昇
・器官の適用プロセスに刺激する
・準備期間では多くの量による負荷を優先する

接近や活発化のミクロサイクル
・試合にとても近いフットボール特有な負荷
・試合をするためのフットボリスタへの準備

試合のミクロサイクル
・重要な試合をオーガナイズに統合する
・各選手のリカバリーの個別メカニズムを知ること。パフォーマンスの継続的な管理を可能とするために

試合のミクロサイクル構成の修正

→1週間に2試合以上行う場合
試合自体がフィジカルフォームの状態維持のための刺激

→ひとつ、もしくはふたつのミクロサイクルで試合がなく、休養となる場合
レベルの維持を可能とするために強化の基本的な負荷を与える必要がある

→大きな重要性を持つ試合
トレーニングの量、セッションの時間を減らすことが望ましい。刺激のインテンシティは高めながら。

→習慣的に試合に介入しない選手がいる場合
個人的な発展を目的とするフットボール特有な負荷を増加させることがある。いつか来る試合の瞬間のために

→シーズンが進むにつれて
練習の一般的な量を減らしていかなければならない。練習時間やセッション数

回復もしくは負荷をかけないミクロサイクル
・回復のプロセスを発展させる
・活動的休養や様々なアクティビティーのセッションを樹立する

セッション
・練習過程の基本単位
・ひとつ、もしくは様々な能力の向上や発展に向けた練習メニューにより形成される

セッションのオーガナイズ
・ウォーミングアップ
・メインパート
・リカバリー