2015年5月8日金曜日

[2] スポーツ練習の計画 /スポーツ練習のプログラムとプランニング



計画のコンセプト


幾つかの決められた期間や世代で、具体的な目的を達成するために続けなければならないプロセス。知識と現場の評価から出発する。人的資源や物理的材料を理性的な方法で利用する。


グループの事前勉強


幾つかの目的を期間(短期、中期、長期)で区切ることを可能とする。幾つか具体的ことを学びやすくするような継続した内容を樹立しなければならない。
・資源の利用を予見する必要。
・描写、予見、組織化、全てのデザイン


練習でのそれぞれの出来事は修正できるメカニズムのひとつ


その選手たちがスポーツの試合において希望する結果を獲得するために。

計画プロセスの作動は選手の能力の事前評価を基にする。
・シーズンでの幾つかの目標を樹立すること
・アクティビティの理論的プログラムをデザインすること
・事前にデザインしたアクション計画を実行すること
・プロセスの最終結果を評価すること


昨シーズンのチームについて、幾つかの様相を具体的に知ること


・昨シーズンのパフォーマンスレベルを知ること
・目的の遂行のレベルを知ること
・実現した練習のレベルを知ること
・スポーツ的コンディションのフロフィールを知ること
・用意したことに対する結果を知ること


試合のシステムとカレンダー


・試合の形式:レギュラーリーグ、カップ戦…
・試合の数を樹立すること
・より重要な試合の決定
-決して負けられないライバルはどこか
-驚きを与えることができるライバルはどこか
-打ち負かすのは難しいライバルはどこか


選手の構成


・予算とチームのカテゴリー
・選手たちの人数

長いシーズンにおける選手の欠員はチームパフォーマンスに影響を与える要因の一つ
・怪我
・協会による出場停止措置


チームにより適用されるプレーシステム


各システムは空間の分配を要求する。選手たちのことを知ることで監督はシステムを探し当てることだろう。