2015年4月9日木曜日

1.練習メニューを紹介した講習会 ~守備における個人能力~ /スペインフットサルの旅2014




1. ビブス捕り1対1


ズボンの両サイドにビブスをいれ、先に2つとったら勝ち
ボールのアタック、守備の姿勢、敏捷性、脚の動き


2. 鏡


ペアとなり、一人が触ったマーカーの色を、もうひとりは設置されている同じ色のマーカーに触りに行く
守備の姿勢(頭は前)、視野、動きのコントロール、敏捷性、脚の動き


3. バスケットボール1対1


弾ませているバスケットかバレーなどのボールを脚で蹴ったら勝ち
守備の姿勢、エントランス


4. ボールラインの1対1


攻撃者はラインの手前から2つのゴール目指していれる。守備者はラインの手前でゴールに入れさせない。
パスのライン、シュートのラインを消す。


5. 1対1+2ジョーカー


マーカーの間を運びで通過するか、ボールをジョーカーが持っている時に奥のボールを相手より早く触れれば勝ち
守備の姿勢、エントランス、壁パスの守り、ボールへのプレス、リアクション、パスのラインを消す


6. 3対3+2キーパー+各チーム2ジョーカー(両サイドに一人ずつ)


中でプレーしている選手がタッチラインの外に出たら、そのタッチラインで待機しているジョーカーが入りプレーする。2タッチ
守備のインテンシティ、アジャスト、集中