2015年2月26日木曜日

ポジションプレーをより理解するための分類指標



すべての可能性を自分たちへいっぱいに入れる。プレーシステムについて考え深める。

その特徴、有利、不便、それらの目的など。それらの使い方を説明し、様々なレベルの練習メニューを創る。それらのプレー段階を考慮。

よりアナリテックなものから試合に近いリアルな状況まで、決断力を使うインテグラルな練習メニューを通じて。


攻撃


ポジションプレー(定位置からのプレー)
手チーム一度が守備を整えた時に、自チームが行う攻撃。私たちのチームがプレーするときに数的優位もポジション的優位もない場合。

アポジションプレー(定位置ではないところからのプレー)
カウンター攻撃なども

基本システム

ボールのポゼッションの状態にチームがあるときに、相手をだますシステムを使うことや注意をしなければならない。

3-1、2-2、4-0、パワープレー(3-2、1-2-2、2-1-2)


段階


開始
攻撃システムによる最初の状況。しかし、沢山のケースでただの名目となっている。なぜなら一度ボールが転げ入れられれば、プレーや選手の動きが、継続的にポジションを交換し最初の戦術的形を薄れさせる。

組立(前進)
相手守備の不均衡を引き起こすために選手たちが実現する動きのシリーズ。最高の状態でフィニッシュをするために創造するフリースペースを活用することができるように。

最終
相手チームが、私たちの動きやボールポゼッションのプレーで不均衡で苦しませたら、フリースペースやフリーな選手を活用する。