2015年2月25日水曜日

日本の育成年代トレーニングにまだ多いと思われる「伝統的な練習方法」



ひとつの分析的方法論。行き過ぎた権威主義


選手は考えるためにいるのではなく、監督が選手に言うことをするためにいる…。

監督は伝統的に異なる要素をそれぞれにトレーニングした。技術的巧さが、優先される要素である。

シンプルな動きの練習メニューの繰返しを基礎とする。他の要素から離れて。一つの要素の練習。


個人指導の局面

  • プレーのつながりから離れたボールを使った技術フォーム
  • ボールを使った技術フォームのコンビネーション
  • 個人戦術の基礎


集団指導の局面

  • 攻撃のシステムや戦術アクション
  • 守備のシステムや制御
  • 全体的なプレー


一般的なフィジカル能力に働きかける



いくつかの重要なことの欠如

  • 適用段階の欠如
  • 戦術的相手の不在
  • 構築された戦術的シチュエーションの乱用
  • ボールのないところの戦術の無知