2015年2月23日月曜日

個々の主導権を強調したチームの動きの構築 「戦術的オートマティズム」適用の方法論



オートマティズムの練習メニューは、早く適応させる目的でプレシーズンに多く行われる


練習メニュー、プレーのシチュエーション、ハンディキャップのシチュエーション、テーマのプレー、フリープレー、それらはオートマティズムの獲得に基礎となる方法。

何回かは、試合状況のチームのインテンシティを要求すること


監督は、オートマティズムに参加する選手全員の「役割」と「責任」を完全に決定すべき


練習メニューやプレーシチュエーションの形式に対して、オートマティズムは部分的なひとつづきに分けられているべき。その練習メニューやプレーシチュエーションは、全員もしくはオートマティズムを成す様々な部分の各選手に対して行われる。

選手たちの特徴がオートマティズムを許すなら、攻撃は2つのサイドのオートマティズムをトレーニングしなければならない。

個々の主導権を促進し応援すること


選手の責任の個別修正(積極性、構築性)と関連する


オートマティズムの表面的な様相(アクションのつながり、選手たちの動きなど)は自チームの選手により完全に目に見える。しかし監督は表面的でない様相に注意すべきである。オートマティズムを出すことができるように。
  1. 選手のアクションにおけるタイミング(正しい瞬間で正しいフォームの使用)
  2. アクションの感受と実行の最大限の早さ
  3. リズムを修正する能力。速くから遅く、遅くから早く


機械化の段階でトレーニングと大きく関係する


  1. 相手の存在なしに選手の最高の人数で、オートマティズムのトレーニングを開始すること
  2. 実現する役割の適用やフィジカル強度の適用を、選手たちに可能とさせるトレーニングの順番形式で練習メニューを製造すること(一般的:全選手が全てのポジションを経験する /特別的:各選手がそのポジションでトレーニングする)
  3. 相手の存在を徐々に導入すること
  4. 沢山繰り返すこと


全てのオートマティズムは攻撃アクションでも守備アクションでも、継続して現代の練習の基本を果たすべき


オートマティズムやプレーシステムを惹かれる特徴によって取り上げないこと、なぜならこれは流行りであるため。チームのためにより有効となるように、チームが正しくそれを練習するように、チームの選手の長所と短所に有効となるように、それらを利用すること。それらに相手チームを考える事、私たちでいっそうの追加をする必要はない。


監督は独創的、創造的、刺激的であるべき

新しい戦術行為の理解を魅力のあるものとするために。