2015年2月20日金曜日

システムに堅固さを与える「戦術的オートマティズム」のコンセプトとトレーニング



オートマティズムはチームの様々な選手間での集団アクションの連鎖


ボールのポゼッションでもボールリカバリーの挑戦でも。


チームはプレー領域でチーム全体で表現できるアイディアを持つべき


チーム全体はそれを引き受けることにより努力することができる。チームのアイディアへ変えることができる。

練習、完成、バリエーションなどが、チームの「集団的パフォーマンス」を増加させるだろう。そして、一つの同じアイディアにまとめた集団の戦術意義を持ってプレーするのをチームに許すだろう。5人のアイディアではなく。




オートマティズムの戦術トレーニングを条件とする要素

  • 行動:疲れ、怪我、身体の状態、信頼…
  • 環境:観客、相手の積極性、プレー領域、…


オートマティズムのタイプ

  • グローバルなオートマティズム:チームを構築するラインのほぼ全体と関連するもの(攻撃と守備)
  • 一部のオートマティズム:チームを構築するラインのひとつの集団的機能と関連するもの、もしくは、ある特定のゾーンで集まる特定のグループ機能と関連するもの(コートの前、後ろ、中央、横…)


各監督は自身の練習メニューを創る能力を持たなければならない。



監督は自チームのオートマティズムを特別に全てをトレーニングするよう、練習メニューの構築を知らなければならない。選手のレベルや行いたいことの機能に応じて。
「しなければならないことについて、たくさん考える必要がないチーム」を獲得することが目的。トレーニング、それをするだけ、このためにそれ以上のコンセプトは存在しない。

厳格さや規律などを導入する。「個人主義の正反対」

戦術のパラメータにより活動する、暗黙の状態であるフィジカルトレーニングやテクニックトレーニングから離れて


オートマティズムを構築するための注意



選手たちの「技術-戦術レベル」を超えないこと。技術的、戦術的に過度な要求は集団作用への選手の適用を困難とさせる可能性がある。そして、監督は「適用の時間」を予見しなければならないだろう、新しい戦術的行為に対して

練習において展開されるトレーニングの基本的な目的は、トレーニングさせたい、向上させたい「戦術的問題」に選手を立たせなければならない。


全選手の特徴の結合はシステムに堅固を与えるだろう



賢さ、理解の能力、意志の強さ、犠牲の精神、そして前進の欲。素質とやる気。