2015年2月6日金曜日

クワトロ攻撃のシステム。トリマン・ナバラ監督イマノル・アレギ【2】




クワトロシステムによる攻撃の共通様相

  • より重要なことは秩序。そしてバランス。守りながら攻撃する
  • 一般的に1人が動いて、他の人が修正する
  • 2-2の状態を避けるために早い再構築をすること
  • 相手の守備がとても開いている状態でないなら常にサイドに戻る、ライン間で私たちは顔を出すことができる
  • 守備の様々な種類のために動きを樹立すること
  • 全ての種類によるライン間でのプレーの発展
  • 偽ピヴォによるクワトロ攻撃
  • ボールありとなしの全ての個人戦術
  • デュアリティと3人プレーの全ての動き


インディビジュアルディフェンスへの攻撃



個人のアクション
  • 1対1(ボールありとなし)
  • パラレル
  • ダイアゴナル
  • ブロック(直接と間接)
  • スペースの利用
  • ボールを持った技術アクション(パス、コントロール、運び、シュート)

集団のアクション
  • デュアリティと3人プレーの全ての種類
  • 早い構造化と攻撃の整理


チェンジディフェンスへの攻撃



個人のアクション
  • インディビジュアルディフェンスのため前記したこと全て

集団のアクション
  • インディビジュアルディフェンスのために前記したこと全て
  • ライン間のプレー(プレーしながら、顔を出しながら)
  • 正しい動きを利用するために、どんな状況でどのようにディフェンスが変わるのか注意すること
  • 守備が調子をくるわすために数的優位を探すために悪いチェンジを引き起こすこと


ゾーンディフェンスへの攻撃



個人のアクション
  • ボールを持った技術アクション(パス、コントロール、運び、シュート)。可能性のある守備の2対1から抜け出すため、使用する運びの種類を読むために早い決断やコントロールオリエンテッドを繰返し主張する
  • ボールありとなしでの1対1。(ボール無しでの騙しのフェイントを繰返し主張する)

集団のアクション
  • 壁パス(垂直と平行)
  • 常に守備をディバイド(ライン間プレー)
  • デビルサイドの相手守備を痛めつけるためにライン間プレーによる集団の動きを準備すること
  • カウンターアタックを避けるためにコートの中央を支配し整理された攻撃をすること
  • ボールが圧力をかけられているかいないかを読むため、このタイプの守備のため、禁止された動きを選手に教えること


クローズディフェンスへの攻撃



個人のアクション
  • ブロックとスペースの利用
  • 技術アクション(パス、コントロール、運び、そしてシュート)、外からのシュートを繰返し主張すること
  • ボールありの1対1、様々なタイプのドリブル
  • ボールなしの1対1、外から内や内から外のマーク外し

集団のアクション
  • 垂直の壁パス
  • おとりのパラレルやダイアゴナル
  • ゴールポストを開けること、偽2-2
  • 偽ピヴォによるクワトロ攻撃
  • 1対1を探すためにアイソレーションの動きを樹立すること