2015年2月10日火曜日

クワトロプレーの良い発展のために注意する点。トリマン・ナバラ監督イマノル・アレギ【3】




クワトロプレーの優位点


  • 構成する選手全員が積極的に参加するようにトレーニングされる
  • もし正確に樹立するのであれば、相手守備に対してたくさんの不均衡を引き起こす
  • 高いインテンシティのダイナミックをチームはとる
  • 相手にたくさんの消耗を引き起こす
  • 全選手が全ての瞬間でプレーする


クワトロプレーの欠点



  • 高い技術支配を要求する
  • うまく樹立するためにはかなりの時間の練習を必要とする
  • 全選手がとても集中した状態になければならない
  • もし秩序によって攻撃しないなら、カウンターが致命的となる可能性がある
  • クローズディフェンスではシステムを変更もしくは適用させなければならない
  • たくさんのフィジカル的消耗やプレーでの高いインテンシティ、守備で弱くならないためにたくさんの交替をしなければならないだろう


より共通的なエラー



  • パスとコントロールによる技術的エラー
  • 個人戦術と集団戦術のエラー(悪い動きの選択)
  • 遅い、悪い再構築、ボール奪取とカウンターアタックの可能性を引き起こす
  • 集団プレーに集中しすぎること、ファンタジーを忘れること
  • 理解させる代わりに彼らに記憶させること
  • 物事についていつ、なぜ、どのように。私たちに質問することを知らないこと
  • 常に2つのオプションがある。決定する前にそれらを注意すること
  • 守備システムのそれぞれのタイプのために様々な動きを分けて教えないこと


練習メニュー



  • パサーがいるボールなしでの1対1
  • ボールありでの1対1
  • 全てのオプションを与えた2対2、3対3、そして4対4
  • 理論の進展を続けること、消極的相手、セミアクティブな相手、アクティブな相手、リアルゲーム
  • 2つ目のオプションもしくは決断力をトレーニングするための練習メニュー
  • システムを樹立するためにアナリティックなクワトロの動き
  • 早い撤退やキーパーの投げによるクワトロの動き
  • 攻撃と守備の要点によるリアルゲーム
  • 訂正と共に行う4対4リアルゲーム(試合)
  • 秩序をとったシステムによる攻撃
  • コートのゾーンによる動きを明示すること
  • 各選手のために役割を樹立すること、そして彼らの能力を活かすように教えること
  • サイドでのジョーカーによるクワトロプレー
  • 試合で、一つのチームがフィニッシュすることができない
  • 試合で、パスを同じ人に返すことができない
  • トランジションや戦略プレーと、攻撃を結合した練習メニュー


最後



ひとつのことを強く繰返し主張することをやめること、私たちは見事なプレーの監督である。だから常に選手のファンタジーのためにあるスペースを空けておくこと。なぜなら最終的に結局、それは観客をいっそう楽しませることであるし、それで試合に勝つこともある。
あることは自由であり、あることは無秩序であること理解させなければならない