2015年1月19日月曜日

マーク外し /Desmarque(デスマルケ) ~個人戦術(攻撃)~




コンセプト


“実行するための自由を見つけるように、守備者が持つ幾つかの意図から逃れること。ボールの保持者、もしくはボールの不保持者によって実現される。”

“ボールの保持や前進、もしくはゴールの獲得に参加するために、選手が他の仲間にアクセスできるように表明するとき。”

“相手なしにボールを受け取ることができるために、相手のマークから逃れることから成る攻撃の戦術的アクション。”

“私たちがボールを持っている時に相手の警戒から逃れること。”

ペアの守備者の視野や注意がどこにあるか意識する。


タイプ


破壊によるマークの外し
ボールを持っている仲間のポジションを追い越す時、もしくは相手ゴールへの距離を縮める時に。相手を突破しながら。
(背中をとること)

サポートによるマークの外し
破壊によるものでない時。

突破によるマークの外し
ボールの保持者がそれを行う時

間接的なマークの外し
一人の選手が相手ゴールに向かって前進し相手守備者を2人引きつける時。マークの外しを試みる必要なしに一人の仲間のフリーを生む。


協力や反対がある集団スポーツにおいてボールのないプレーは基礎


目的は相手を上回ること
数的優位を獲得すること。

守備の可能な限りの予測から逃れる
ボールの保持者がいつも最低2つの解決策を持つように探索する。

ひとつの悪いパス
偉大なマーク外しを駄目にする。


一つのパスがあるときはいつも、選手たちの動きがなければならない


パスを実現する、そしてマーク外しを試みる
攻撃に活力を与え、前進を容易とする。
他の選手は受け取りのポジションへ現れることをする。パスラインの欠如によるボールの紛失を引き立てる静止状態を避ける。

選手がパスを放出する時、そのペアとなっている守備者はボールの軌道を目で追うのが普通である
相手に驚きを与えたり相手のコントロールから逃れるために活用しなければならない瞬間。


いつボールから焦点を外すかを教えなければならない。

確かな決断がとれる情報の把握を容易とするように。


ボール保持者に突破を簡単にさせるように集団での助けを練習する


スクリーン、カーテン、ブロックと称されるような基本的な戦術の練習
私たちのフットサルのケースであるように、少なくなったスペースで発展される時にとても必要とされる。

ボールの保持者が持つ一つ目の懸念は、その保持になければならない
それは目的ではなく後のアクションにつなげるのを可能にすることである。


マーク外しの後


スペースを利用すること

マークの外しを実現するために最後の瞬間まで待つこと
もしボールを受ける前に過度の時間が伴うと守備者は再びマークにつくだろう。

攻撃者がマークを外した瞬間にパスをするためのタイミングは基本である
パサーとマークの外しを行う選手の間での良いコーディネーションを持つことはきわめて重要なことである。