2015年1月20日火曜日

フットサルはゴールを奪うために「フリースペース」を創造するスポーツ



コンセプト「選手のいない場所」


相手の存在から免れた状態にあるプレー領域のゾーン。なぜなら、ボールの保持者の仲間とその人をマークする相手がスペースを空けたためである。

チームで採用されたポジションによって創られたもの、他の仲間のために一人の選手により創られたもの、もしくは自動的に創られたもの。
空いたスペースを創るのが相手ゴールに近ければ近いほど、危険なものとなる。スペースを相手に埋められることは重要ではない、もしポジションを勝ち取っているのであれば。

人目を引いたり効果的な攻撃のプレーを考えだされることはない、もしボールを持っているチームがあいたスペースを支配する能力がないなら。


その探索「継続的な動きになければならない」


相手を超越することを可能とするように動く、守備に不確実性をもたらす。動かない何かは予測可能である。

一つのパスをしたらいつも、ひとつの移動を行わなければならない。

各瞬間で利用するために空いたスペースを観察すること。相手守備に対して危険を創出するための循環。




例えボールをそこで受け取らなかったとしても。



一つのスペース、それが創られたとしても、それを使われたとしても、同様に攻撃のためには有効なことである。
・直接的な利用:空いたスペースでボールを受け取ること
・間接的な利用:他のスペースでボールの受け取りを可能とすること


ボールを待つのではなく探しに行く。タイミング



迎えに行くこと。相手の先行を難しくさせ、攻撃のプレーで継続性を可能とする

パサーとレシーバーの完璧な調和。
特にとても縮小されたスペースやゴールに近いスペースにおいて。