2015年1月9日金曜日

次へのプレーに誘導するトラップ。「コントロールオリエンテッド」(コントロールオリエンタード)



定義

攻撃の技術的アクション。ボールを受け取る、それと同時に希望する次のアクションへとつなげるためにボールを置くこと。
コントロールオリエンテッドはボールへの一つのタッチで2つの異なる目的を獲得する。ボールをコントロールすることと、それを適切にオリエンテーションすること。

選手はボールを半停止するコントロールを行い、より興味のある方向に望ましいスピードと押出しで出て行く。

ルールが許す身体の全ての部分によってコントロールオリエンテッドを行うことができる。しかし、よく使われるのは足、胸、そして頭である。

もし選手がタッチを少なくする能力があるならば

フットサルのように、こんなにも早いスポーツではこの技術フォームを修得することは必要不可欠である。相手が妨害するよりも先に目的の獲得が許されることだろう。


選手はこのタイプのボールコントロールにより大きな優位を獲得する。なぜなら時間を貯めることができるようになり、プレーにスピードを与えることもできるようになる。

相手チームの守備のプレッシャーを避けるために


ボールの後ろを相手に走らせることを義務とさせるため、ボールのポゼッションを守ることを安易とする。

練習メニューの一例


・5対5+ジョーカー(コートの大きさや人数は選手を見て)
・6つ四角のゾーンの中でボールを受けて、ワンタッチで外へ出てパスがつながれば加点。
・3タッチ