2015年1月15日木曜日

1-8-11.守備でラインを作って攻撃者を交換する「チェンジディフェンス」



コンセプト


継続的なカバーと入替りのマークである。そこで、アラやシエレの選手たちはカットしてくる選手たちを受ける。私たちの守備のファーストラインがボールに関して後退することを許さない。


インディビジュアルやゾーンに好ましい様相を持つ


守備方法を選定し、チェンジディフェンスの形を与えることができる。それと同時に、各監督が考えだす特徴を含む。

全員のマークに対して、肯定的コンセプトにより導かれる。選手たちそれぞれに由来する欠点を排除することを試みる。相手チームの攻撃に対して弱いところを少なくするような守り方が探される。


基本的な特徴

  1. 攻撃者に最も近い守備者は常に最初のアタックを与える。
  2. ボールを離した時に守備者(直接的な)は決して相手についていかない。
  3. アラの選手たちは後ろにいなければならない。(カバー) 決してライン上で守るべきではない。(マークの交換や入替りは不可能)
  4. 守備において明確なポジションは存在しない。
  5. チームはボールの巡りによって回転する。
  6. パスラインのフタをする継続的な働き。前への一歩 - カウンターアタック
  7. チームによる働きが必要不可欠。
  8. ボールと攻撃者を視界から失ってはならない
  9. 言葉による継続的な動的コミュニケーション
  10. 正確で継続的な守備の姿勢
  11. 頑張りによる寛大さ - 犠牲の精神
  12. 我慢!最初のボールをインターセプトしたがらない
  13. 指示を聞く。キーパーは守備を整える

守備トレーニングの、現状、習得の最終として。


沢山のスペイン一部のチームが実現する守備である。守備教育の方法論の発展としては、最後の部分として理解されなければならない。