2015年1月21日水曜日

「フリースペース」を創出する、利用する、活用する。その意味と条件



フリースペースの段階


1.フリースペースの創出。マーカーを引きずりながら
ひとりの攻撃者がプレー領域の他の地点へ移動し、そして彼をマークする守備者が彼に付いて行く。この方法により無人な状態とし、プレー領域でフリースペースを創出する

2.フリースペースの利用。他の仲間が移動、そして埋める
他の攻撃者が創ったばかりのフリーゾーンに移動するときに実現される。効果的なのはとても速いマークの外しによりスペースを利用すること。

3.フリースペースの活用。そのゾーンや仲間にボールを届ける
ボールの保持者がフリースペースに到達したところの仲間へパスを実現する。相手がマークから逃れた選手へのマークをへ行く前に、パスはできるかぎり早めにされなければならない。このパスが生みだされないことには、攻撃におけるフリースペースの基本は完全に理解されない。


概論



この基本はとても早い世代からトレーニングされなければならない。フリースペースの基本をうまく行ったり練習するチームは、その他の攻撃における基本もうまく行うチームである。

効率的な方法によりこの基本を実現するフットボールのチームは、最終的な結果に向けて非常に重要で特別な目的を獲得する。なぜなら、創出し、利用し、活用したフリースペースは相手に不均衡を与えたり、攻撃の奥行き、プレーにおけるリズムのチェンジや方向のチェンジ、その他攻撃の基本をもたらす。


フリースペースの創出、利用、活用が必要とするモノ


  • 偉大な実行の速さ。だますことをしながら。
  • パスの技術アクションの完成
  • マークの外しの中にいる仲間との良いコーディネーション
  • プレー領域の確かなビジョン
  • 犠牲の良い分配


フリースペースのタイプ


  • 自身の戦術的な配置や用いられるシステムにより既に生まれるもの
  • 様々なアクションで選手の動きにより、創られ利用され活用されるもの


フリースペースの目的と目標


  • オリエンテーションのチェンジにより、攻撃の方向を変えること容易とすること
  • 誤った方向に導くこと、不均衡とすること、相手の配置を乱すこと、人へのマークと戦うこと
  • 攻撃の深さと幅を獲得すること
  • プレーのリズムを変えること
  • 永続的な助けとコンスタントなサポートを与えること
  • 攻撃のプレーにおいて望ましいポジションを探すこと
  • コンスタントな攻撃の動きを提供すること。破壊のマーク外しを引き立てながら。攻撃のプレーに流動性を与えながら。


フリースペースを中和する方法


  • 激しい撤退によって。相手の攻撃に望ましいゾーンを埋める。
  • 攻撃の密度によって。守備者全員もしくは守備者の何人も一つの同じゾーンへ行かない。
  • ゾーンによるマークによって。人に対するマークは私たちのゾーンから抜けさせるのは容易となる。
  • 全員での守備によって。守備の集団スピリッツ、守備者の間でのコミュニケーション、偉大な犠牲の精神。
  • 守備の先行によって。創られたスペースを埋める。
  • 守備のてこの動きの早さによって。もしダイアゴナルのラインで守るなら、ボールのファンクションやオリエンテーションのチェンジに応じて早さを持たなければならない。
  • 守備の素晴らしいバランスによって。良い移動の早さを伴ったチームにならなければならない。
  • プレー領域の合理的な埋めによって。