2015年1月7日水曜日

1-8-8.待ちながらも積極性を失いたくない『1/2でのインディビジュアルディフェンス』



コンセプト

攻撃チームがハーフラインを超える時に、割当てを開始するインディビジュアルディフェンスのマーク。そこから各守備者が担当するペアをつかみにいく。
半分のコートでポジションをとりながら待ち、守備者は攻撃者たちに対して個別でマークをしに行く。

考え(4分の3でのディフェンスとの違い)

1.フィジカルコンディションを必要とされない
2.中央を閉めることが重要
3.ペナルティエリア近くでのファールは危険
4.選手の密度によりキーパーの不完全な視界
5.詰めを守るためには悪いポジション

待ちながらも積極性を失っていない素晴らしい守備