2014年12月17日水曜日

U-10カテゴリーで特に働きかけたい。コーディネーションの能力




概要

感覚と効率的な身体のセグメント、スペースと時間での正確さ、様々な能力とひとつになってトレーニングする神経系能力。

「具体的なスポーツ・フォームの必要性に対して、動的な賢さにより注目されるイメージに基づき考えられ欲される正確さを調節する神経系の能力。 」Álvarez (1987)

コーディネーションのタイプ


一般的ダイナミックなコーディネーション
身体全てのセグメントのコーディネーション。集合的に相互に関与しながら。

特別的なセグメントのコーディネーション
身体のセグメントと視覚の感覚とが関係する分析的な動きに言及したコーディネーション
1.眼と手のコーディネーション


2.眼と足のコーディネーション


切り離したコーディネーション
単独に動く様々な身体のセグメントのコーディネーション

コーディネーションの熟考


●疲労はコーディネーションを困難とする。セッションの最後より最初に働きかけることを推奨される。
●より多くのセグメントや刺激が含まれる方が、大きなコーディネーションの困難を伴うだろう。
●年齢によるもの

コーディネーションに働きかけるための練習メニュー


同時に異なる身体のセグメント、もしくは異なる刺激により働きかけることが、練習メニューの土台となる。
●ひとりの選手が叩き上げながら、4つの風船を空中で維持する。身体のどの部分を使っても良い。
●ふたりの選手が足で最初のタッチでパスをし合う。それと同時にバスケットのボールをバウンドさせる。
●…