2014年11月27日木曜日

FCバルセロナが行うひとつのプレス回避 ~キーパーの投げから~




ピヴォがペナルティエリア付近に位置どり、相手の3列目の守備ラインを下げる。
2列目の守備ラインが下がらなければ、ピヴォが受けられるだろう。


守備ラインの2列目は下げる。ピヴォへのパスを警戒して


右利きのピヴォが受けやすい左サイド、そこへのななめのパスラインを創るように真ん中の選手はパラレラ。


ボールを受けた選手はコントロールしつつピヴォへのパスを伺う。パラレラも考えている


横パスを出す姿勢を見せて相手を前のめりにさせ、ピヴォへのパスラインを太くする。


ピヴォへのパスを決定、実行する。


攻撃ラインを高くする。


ボールを受けたピヴォはお尻、肩、腕を使いボールを守る。
仲間がラインをあげる時間を稼ぐ。